岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。 - ほぼ日刊イトイ新聞

岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた ほぼ日刊イトイ新聞

Add: neqiq50 - Date: 2020-12-17 10:19:35 - Views: 9193 - Clicks: 3723

Comでみんなの感想を延々とまとめるという記事を急いでつくりましたね。エディ是枝が編集長をやっていて、「『MOTHER3』が中止になったから、何かやらせてくれ」って言って ――あの記事、いまもまだ見られるのかな. 岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。 - ほぼ日刊イトイ新聞 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 任天堂の元社長、岩田聡さんのことばを集めた本。 ほぼ日刊イトイ新聞に掲載されたコンテンツや、 任天堂公式ページ「社長が訊く」に掲載された 岩田さんのことばを抜粋して再編集。 宮本茂さんと糸井重里への特別インタビューも収録。 年7月発売。.

はじめに 岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。(ほぼ日刊イトイ新聞)を読みました。 自分はゲーム会社でPM兼プログラマ(仕事内容的にはSMっぽいことやPOっぽいことも)をしています。この本を読んで、自分の仕事に活かせることがものすごくたくさんあるなぁと感じたので、学びを. 岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。 著者: ほぼ日刊イトイ新聞 著者: 100%ORANGE この作品のアーティストの関連作をお届け!アーティストメール登録 書籍 出版社:ほぼ日刊イトイ新聞. See full list on famitsu. 述:岩田聡 編:ほぼ日刊イトイ新聞 監修:糸井重里出版社:ほぼ日発行年月:年07月シリーズ名等:ほぼ日ブックスキーワード:いわたさんいわたさとるわこんなこと イワタサンイワタサトルワコンナコト いわた さとる ほぼ/につかん イワタ サトル ホボ/ニツカン. 「岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。 (ほぼ日刊イトイ新聞)」の読書感想 3 コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。. ほぼ日刊イトイ新聞からのご提供。『スマブラ』や『星のカービィ』の生みの親・桜井政博さんに、任天堂元社長・岩田聡さんのことをたっぷり. 岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。/岩田 聡/ほぼ日刊イトイ新聞/糸井 重里(経済・ビジネス) - 世界中のゲームファンとゲームクリエイターに愛された人、岩田聡。.

「ほぼ日刊イトイ新聞」の「岩田さんの本をつくる」という永田さんの記事によると、 岩田さんが亡くなった後、「岩田さんの本を出してくれ」といった要望が多く寄せられたそうです。 ぼくは、いちファンとして、それを待っていました。. 岩田さん : 岩田聡はこんなことを話していた。 = Iwata-san 岩田聡述 ; ほぼ日刊イトイ新聞編 (ほぼ日ブックス) ほぼ日,. 。うーん、でも、たしか、そういうことをしましたね。 ――『MOTHER3』はその後、GBA用ソフトとして出ることになります。 永田そうですね。その前に『MOTHER1+2』がGBAで出るんです。その準備をしているころに、ぼくはほぼ日で仕事をするようになるんですけど、すごく憶えているのは、ある日ぼくがほぼ日に行くと社内で糸井さんたちが打ち合わせをしているんですね。 どうやらそれが『MOTHER1+2』のテレビCMで、ぼくめちゃくちゃ驚くんだけど、当時のほぼ日には、じつはコアなゲームファンがいないんですよ。だから、ぼくひとり「うわぁ!」ってなってるんだけど、みんな、わりとふつうで(笑)。しかも、その.

『岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。』(ほぼ日刊イトイ新聞) のみんなのレビュー・感想ページです(144レビュー)。作品紹介・あらすじ:年7月30日発売。任天堂の元社長、岩田聡さんのことばをまとめた本です。ほぼ日刊イトイ新聞に掲載されたたくさんのインタビューや対談. 岩田聡さんは、日本のみならず世界中に影響を. 検索してみます。あ、出てきました。 (『MOTHER3』の話をしよう)※PCでのみ閲覧可能です。 永田ああ、そうそう、とにかくたくさんメールを載せたんだ。延々メールが来るんだよ。何通載せたんだかわからない。 ――改めて見るとほぼ日っぽいですね、これ。 永田やっていることは変わらない、いまと(笑)。ああ、話してたら、だんだん思い出してきた。この記事をつくるまえに糸井さんに電話をかけたんですよ。『MOTHER3』が中止になって、ファミ通でこういう「悲しい」みたいな意見を募集をするのは、糸井さんにとって迷惑ですかっていうのを聞いたんです。 つまり、ファンは混乱して気持ちを表現する場を求めているんだけど、糸井さんが嫌だったらやんないほうがいいと思って。そしたら糸井さん、「ぼくの口からはなんとも言えないんだ」って言ったんだよな。「俺の口からはやるともやらないともなんとも言えないんだよね」っていう感じの話をした。直接会話をしたのを覚えているから、どういう風に連絡取ったんだろう. そんな岩田さんのすべてが詰まった書籍『岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。』(ほぼ日刊イトイ新聞編、ほぼ日発行)の発売が間近に. 定価:1836円[税込] ・ほぼ日刊イトイ新聞『岩田さん』紹介ページ(ほぼ日ストアでの購入もこちらから) ・Kindle版『岩田さん』販売ページ. 今日は「岩田さん」を紹介したい、加藤です。 #ちょっと強引!? 岩田さんこと、岩田聡さんは、任天堂の元社長で、年に55歳の若さで亡くなられました。 岩田さんは社員を怒ったりすることが決してなかったそうです。. 「岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。 (ほぼ日刊イトイ新聞)」の読書感想 4 コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。.

岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。:岩田聡,ほぼ日刊イトイ新聞,糸井重里を「メルカリ」で取引しよう、誰でも安心して簡単に売り買いが楽しめるフリマサービスです。. 「岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。」任天堂の元社長、岩田聡さんのことばをまとめた本をつくりました。過去の対談から大切なことばを抜粋。宮本茂さんと糸井重里の特別インタビューも収録しています。ほぼ日ストア購入特典は特製Iwata-Sanキーホルダー。. ほぼ日刊イトイ新聞のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。 『岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。. 岩田さんの発言をまとめた書籍『岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。』(ほぼ日刊イトイ新聞・著)をきっかけに、岩田さんと縁が深い. ――『MOTHER3』の発売中止もほぼ日のコンテンツとしてお話されてましたね。 (『MOTHER3』の開発が中止になったことについての糸井重里・岩田聡・宮本茂の座談会) 永田そうですね。このときはぼくはまだファミ通にいたので、この対談をまとめたのは僕じゃないんですけど。『3』中止のときはファミ通. ほぼ日のプレスリリース(年7月1日 11時02分)世界中のゲームファンとゲームクリエイターに愛された、岩田聡さん(任天堂元代表取締役社長)の. 発行:ほぼ日 3. 『岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。』ほぼ日刊イトイ新聞 編 ほぼ日 1700円+税.

岩田さん: 岩田聡はこんなことを話していた。 (ほぼ日ブックス). 岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。. 任天堂の元社長・岩田 聡氏の言葉を集めた本として,年7月に発売となった書籍「岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。」。発売元で. Amazonでほぼ日刊イトイ新聞, ほぼ日刊イトイ新聞, 100%ORANGEの岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。。アマゾンならポイント還元本が多数。ほぼ日刊イトイ新聞, ほぼ日刊イトイ新聞, 100%ORANGE作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 「岩田さん ー岩田聡はこんなことを話していた。 ー」(ほぼ日刊イトイ新聞・編) 岩田さんとは日本のコンピューターゲームソフトウェア業界の黎明期からのリーダー企業「 HAL研究所 」の創業に関わり、その後、苦境に陥っていた 任天堂 に移り見事再生. jp: 岩田さん: 岩田聡はこんなことを話していた。 (ほぼ日ブックス) eBook: ほぼ日刊イトイ新聞: Kindleストア. ――今回、本を編集するにあたって、「これはやんなきゃいけない」とか、これはやらないとか、永田さんの中で決めたことはありましたか? 永田やっぱり、ぼくらの知っている“岩田さん”をそのまま表現することだと思います。新聞のインタビューとかに出てくる“岩田社長”、“岩田氏”というものに、ふだん会ってるぼくらは違和感があったから。 写真も病気の後のやせた、ちょっとキリッとした岩田さんよりは、ずっとニコニコ笑っている岩田さんが、ぼくらにとっての岩田さんだったから“自分たちの知っている岩田さんをできるだけそのまま書こうと。煽ったりもせず、うん、そのまま出すように”ってことでしょうか。 気を遣うこともあって、「ぼくらが岩田さんの本を出す資格があるのか」っていう大前提の問題についてはすごく真剣に考えました。言ってみれば、ぼくらは本を“勝手に出している”ともいえる。その自覚をなくしちゃいけないと思っていました。「岩田さんなら許してくれるよ」とは思うものの、それはぼくらの希望的な解釈なので。だから、最低限、スタートの前に岩田さんのご家族の方と任天堂の人たちに話をして、許可をもらうというよりは、希望をうかがって。まずはそこにいちばん配慮しながら。 その上で自分たちが知っている岩田さんを、これから岩田さんを知る人とか、いま岩田さんのことを知りたい、懐かしく思っている人に、まとめて、いいかたまりとして出す、みたいなことを考えました。 ――読んでいくと、岩田さんの考えが物事につながるというか。ここでこう言っていたことが、そのあとこうなっているんだなって、読みながらわかることが多いですよね。 永田岩田さんは一貫しているからね、どの瞬間にも。 ――本当にぶれない人なんだなと、改めて思いました。 永田本にするとおもしろいなと思うのは、ゲームを深くは知らないけどなんとなく岩田さんを知っているという人の手にも届くんですよね、本って。そこで初めて知ってもらうことって思ったよりも大きい。 たとえば岩田さんが任天堂の社長になる前、33歳くらいでソフトハウスの社長になって会社の15億円の借金を返した人なんだっていうことは、ふつうの人はそこまで知らないから。WEB上の記事を読めばどこかでわかるけど、ゲームファンじゃない人はやっぱりそこまで追わないから。 ――天才プログラマーとしての岩田さん、HAL研究所長の岩.

ほぼ日刊イトイ新聞からのご提供。『スマブラ』や『星のカービィ』の生みの親・桜井政博さんに、任天堂元社長・岩田聡さんのことを語って. 永田おお、これは? ――当時ニンテンドウ 64(以下、N64)で開発されていた『MOTHER3』(※)の記事がある、当時の週刊ファミ通を何冊か持ってきました。永田さんが糸井さんと岩田さんに出会ったのは、ファミ通での『MOTHER3』取材だったんですよね。 永田そうです。懐かしいですね。これ. 著者:ほぼ日刊イトイ新聞 2. 7 形態: 219p ; 20cm 著者名:.

副題に、“岩田聡はこんなことを話していた” と記されている通り、 この本を開くと、いつでも岩田さんの言葉を聞くことができる。 「ほぼ日」こと、ほぼ日刊イトイ新聞に掲載された岩田聡さんの言葉を集めて再構成したもの。. ――ほぼ日でも、本書を作る経緯など書かれていました。 永田うん、まさにあの通りで。 ――制作が止まったというのは、「いまじゃないな」という思いが? 永田わざと止めたわけではなくて、焦らずじっくりつくっていた、という感じです。結果的に、出版が今年になって、ちょうどよかったんじゃないかなとも感じています。去年とか、おととしとかだと、もっと“追悼”みたいな雰囲気になったと思う。 ――なるほど。本書は、過去のいろいろな過去の記事から、岩田さんの発言を改めて1冊の“発言録”という形にしたという形ですよね。 永田そうですね。メインは、ほぼ日刊イトイ新聞に掲載された岩田さんのコンテンツから。 あと、任天堂のページにある“社長が訊く”からも、ことばを集めました。“社長が訊く”は、コンテンツの開始当初はぼくが構成と編集を担当していたんですが、軌道に乗ってからはほかの方が編集しているんですね。 で、ことばを集めるときは、自分が担当した回からだけ、ピックアップするようにしました。 ほかの人の編集した箇所も、使うことを希望すれば許可はおりたと思うんですけど、やはり自分が現場にいないものは、責任が取れないような気がしたので。 ――永田さんにとっての岩田さんというのはどのような方でしたか? 糸井さんを通じて岩田さんを見ていたという気もするんですけど。 永田ぼくが岩田さんに会うときは、たいてい糸井さんも一緒にいるので、そのふたりの話を末席で聞いている、という感じでした。だから、ものすごく恵まれた話ですけど、3人でいた、という印象かなぁ。 岩田さんの印象は、初めて会ったときからまったく変わりません。たぶん、岩田さんを知ってる人はみんなそう言うんじゃないかなぁ。 ――週刊ファミ通編集長の林が岩田さんに何度か取材をしていて、当時の岩田さんは任天堂の取締役経営企画室長でしたが、「岩田さんのインタビューを文字起こしすると、手を加える必要のない、編集をする必要がないくらい、整ったしゃべりかたをされる人だ」と話していたことがあるんです。 永田とくに、任天堂の取締役になったときの岩田さんというのは、会社を代表している立場だから、記事に書かれることをつねに想定してしゃべっていたと思うんです。 だから、雑誌や新聞、メディアに、自分の発言のどこをどう切り取られてもいいようにしゃべる、ということをいつも意識されて. (ほぼ日刊イトイ新聞・編『岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。』ほぼ日ブックス、) こんばんは。教室で子どもたちの振り返り(日刊!)に目を通していたら、ある男の子のそれに「今日も嬉しいことがありました。. 岩田さん : 岩田聡はこんなことを話していた。 = Iwata-san フォーマット: 岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。 - ほぼ日刊イトイ新聞 図書 責任表示: 岩田聡述 ; ほぼ日刊イトイ新聞編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : ほぼ日,. やっていることはいまと変わらない(笑)。記事のノリをつくるためにちょっと口調は変えたりしてますけど、基本的には変わってないですねぇ。 永田ああ、いろいろ思い出すなぁ。このときの写真、糸井さんが、ずーっとタバコ吸っているから、タバコの映ってない写真がなくてね。タバコ吸っている写真って本当は誌面にあまり出したくなかったんだけど、タバコのない写真が撮れなかったんですよ(笑)。 ――本書『岩田さん』は、けっこう長い時間を掛けてつくられていたんですよね。 永田岩田さんのお葬式のときに「出せたらいいね」、と話して。少しずつつくっていたんですけど、集中して作業したのは2年前くらいからです。. ――ちょっと話が逸れましたが、1999年には、永田さんの連載記事“ゲームの話をしよう”で、初代『スマブラ』(N64『ニンテンドウオールスター! 大乱闘スマッシュブラザーズ』)の話をしに岩田さんと桜井政博さんが登場されています。 永田はい。ほぼ日に掲載した「岩田さんの本をつくる」という記事にも書きましたけど、発売当初過小評価されていた『スマブラ』に関してつくり手として伝えたいことがあるということで、岩田さんのほうからあのページに出たいと連絡してくださったんです。あの連載では、いろんなクリエイターの方に取材しましたけど、自分から「出たい」と言ってくださったのは、岩田さんだけだったと思います。 ――そうなんですか、それは意外です。 永田いや、それはそんなに不思議なことじゃなくて。いまでこそ、ゲーム好きの方が「あのコーナーはよかった、すごかった」みたいなことを言ってくれるんですけど、あれって言ってみれば白黒1ページのちいさな連載コーナーだから。だから、岩田さんが「取材してくれませんか」って言ってくださったのは、びっくりしたし、うれしかったですね。 岩田さんが「あのコーナーに出させてくれませんか」みたいなことを言ってくれたっていうのは「ここでなら言いたいことを言える」と思ったんだろうし、そこで『スマブラ』のおもしろさを通じさせるって意味も考えてのことだと思います。 極端にいえば、大きなキャンペーンとか広告だってつくれると思うんですけど、たぶん岩田さんは効果と速度と合理的な判断で、あの連載で「『スマブラ』の中に自分たちが込めたものを伝える」ということを選んだ。そのあたりのジャッジはすごいなぁと思います。 ――そもそも、そのきっかけっていうのは、週刊ファミ通の1コーナーで『スマブラ』を紹介する記事を永田さんが書かれたことですかね。 永田当時のファミ通では速報とクロスレビューとインプレッションでしか、新しいソフトをとらえられなかったんだけど、“紹介記事とクロレビのあいだ”のような意味合いで応援するコーナーを作ろうっていうことで、巻末に新しいコーナーができたんです。その“今週の1本”ってコーナーで『スマブラ』を僕が書いた。それを「やっと話の通じる記事が出た」みたいな感じで岩田さんが読んでくれたんだと思います。 永田『スマブラ』が発売当時、いわば“キワモノ”的な目で見られていたの. はじめに 前回のリンクはこちら。 今回は、第6章と第7章をまとめます。 第六章 岩田さんを語る。 ・得意なことや特性や個性を理解して、うまくやること。 →この本の別のところでもこういう話が出てきますが、やっぱり、こういうことがマネジメントと呼ばれるもののコアなんだろうなと. ほぼ日刊イトイ新聞 | /8/5.

ほぼ日刊イトイ新聞『岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約339件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 年7月30日に発売された書籍『岩田さん』。任天堂の元社長 岩田聡さんのことばをまとめた本作について、『嫌われる勇気』ライターの古賀史健さん、『漫画 君たちはどう生きるか』編集者の柿内芳文さん、『岩田さん』編集. 『岩田さん: 岩田聡はこんなことを話していた。 (ほぼ日ブックス) Kindle』(ほぼ日刊イトイ新聞) のみんなのレビュー・感想ページです(18レビュー)。. 『 岩田さん』を真ん中に置いて話そう。 ほぼ日刊イトイ新聞. 岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。 - 岩田聡/〔述〕 ほぼ日刊イトイ新聞/編 糸井重里/監修 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!.

岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。 - ほぼ日刊イトイ新聞のページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。.

岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。 - ほぼ日刊イトイ新聞

email: pibuwib@gmail.com - phone:(857) 573-6538 x 8772

勝村美香:Strange fruit - 勝村美香 - しんぶん赤旗

-> かがのと巨樹名木探訪 - 田中敏之
-> らも咄 - 中島らも

岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。 - ほぼ日刊イトイ新聞 - ニューダイアリーカジュアル 月始まり


Sitemap 1

私の理工学部合格作戦 ’97 - エ-ル出版社 - 埼玉限定 いぬだす ズーロジカル